ステンレス鋼(被覆棒) NSN-309L ノンスパッタタイプ [日亜溶接棒 ニツコー熔材工業]

ステンレス鋼(被覆棒) NSN-309L ノンスパッタタイプ [日亜溶接棒 ニツコー熔材工業]

販売価格: 16,724円~70,268円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

棒径:
数量:

商品詳細

ニツコー熔材工業(株)日亜溶接棒                                        
JIS Z3221 ES309L-16
AWS A5.4 E309L-16

用途:SUS309Sおよび耐熱鋳鋼の溶接。その他ステンレスクラッド鋼の1層目の溶接
   または軟鋼上の耐食肉盛。

使用特性:NSN-309Lは、スパッタを追放したノンスパッタタイプの溶接棒です。
     309Lタイプは低炭素25Cr-12Niオーステナイト溶着金属を得る溶接棒で、
     耐熱性、耐食性および耐割れ性にすぐれています。特に低炭素のため
     309タイプに比較してクロム炭化物析出による粒界腐食に耐えることが
     特徴です。したがって、強い腐食環境に用いられます。
     被覆タイプは、ライムチタニア系で作業性は良好です。

識別色 棒端色:黒色 二次着色: -

NSNシリーズ
スパッタのとびにくいステンレス鋼用被覆アーク溶接棒として開発。
ステンレス鋼は熱伝導性が悪いため、スパッタが溶接部近傍に溶着することが多く、
その除去にとても困難がありました。NSNシリーズはこの問題を解決しました。
しかも全姿勢での作業性がよく、スラグの剥離性が抜群であるため、非常に能率良く
美しい溶接ができます。
なお、耐食性、耐熱性、および機械的性質も良好です。

溶接作業上の注意点
(1)アーク長はできるだけ短く保って下さい。
(2)電流は適正電流範囲を使用して下さい。過大電流を使用しますと、棒焼け
 をおこし、作業性や溶接金属の性能が劣化する場合があります。
(3)オーステナイト系溶接棒の場合、高温割れ防止のため、連続溶接および過
 度のウィービングは避けてください。ウィービングを行う場合は、棒径の
 2.5倍以内にして下さい。またパス間温度は150℃以下が望まれます。
(4)開先内のよごれ、油脂などは完全に除去して下さい。
(5)使用前に再乾燥温度150〜200℃で30〜60分間再乾燥してください。

電流範囲(電流:A、極性:AC、DC(+))
NSN-309L、
棒径 棒長       下向       立向.上向
2.6mm-300mm       50〜80       45〜75
3.2mm-350mm       70〜110       65〜105
4.0mm-350mm      100〜150      95〜140
 
大包装:20kg 小包装:5kg